負の感情と上手に付き合う方法の模索を続けています

周りにあたって最悪な私です。負の感情が押さえきれなくて困っている状態です。
そういう時は全てがどうでもいいと思っているのでタチが悪いです。性格を治さないと、治さないとと思えば思うほど追い詰められていきます。わかっていてわかっているから辛いです。
気にしてくれる人はいつまでも気にはかけてくれないだろうなとも思っているのですが、甘えている状態なのです。甘えられているほうはいい迷惑なのでしょう。いつになったら私から離れていくのだろうな、と思っています。同僚で仕方なく付き合ってくれているだけだろうし声かけてくれているだけなんだと思っています。
1人で生きていける様に今から考えていく必要があるんだろうと思っています。
多くの好きを作り、人といなくても寂しくないぐらいの好きで自分の周りを作り出せればと思っています。とはいえ最終的には人間同士の好きにたどりつくんだと考えています。人間の好きの感情が乏しい私はいつになれば成熟出来るのでしょうか悩みつつ、自分の人生なのだから気楽に生きようと思います。http://www.epcb.co/ginzads.html

小学校のときに出会った「名人ガール」という文献について

わたしが小学生6年生のときに、とある友人の父ちゃんがわたしに雑誌をヘルプしてくれました。それが「ファンタジスタガール」でした。雑誌をもらったことははじめてでちっちゃいながらも何か意味があるのかなと感じていました。開けてみると「ファンタジスタガール」。聞いたことがないなと思いながらも取り敢えず読んでみることにしました。原料は海外の教え子の恋愛のおしゃべりでした。凄く変わっている女房と極めて普通の男子の恋愛でした。変わっていることを受け入れられないが好きになってしまった男子は女房に「普通になってほしい」と言います。女房は自分が変わっていることに自負を抱える反面、男子に嫌われたくないという心境もあり、普通に振舞おうと努力します。しかしそれは賢くいきませんでした。しかしそのときに男子は気づきました、「ノーマル」であることがいいとは限らないし、家内が彼氏女らしく振舞っているときが彼氏手動も家内と過ごして幸せな時ですと。小学校のわたしはその雑誌を読んで衝撃を受けました。倫理のカリキュラムなどでオリジナリティーを大切にと言われながらも、変わっていることはダメだと心のどこかで思っていたのかもしれません。シースリー 料金