平和な日本では考えられない世界の件「事情人口白書」

国連人口基金が乙女に焦点を当てた「ナショナリズム人口白書」を発表したそうです。聴きなれない基金ですが、どういう内容かと言うと世界で亡くなる妊産婦の約6割がケンカや森林悲劇などで、法律救援が必要とされるフィールドで死亡した釣り合いだ。毎日世界で約830人の妊産婦が亡くなり、その内ケンカフィールドなどでは女性500方が死亡している。結構かなしい事だと思います。
救援はこういう10層で改善されて来ているそうですが、まったく不十分で、安全な周辺へ避難する事や食品救援などのほうがプライオリティされ、混乱する状況下で、情けないポストに置かれる女性の避妊やお産などの妊産婦への手伝いは順延され、放置されてしまう状況にあるそうです。
平和な日本では、ケンカなどからほど遠く考えられない事ですが、混乱の取り分け女性やキッズ、二流を最優先して救援集中をやるとわたしは思いました。そして、世界中いつの世界も平和になり安全で安心して暮らし出来る様になって欲しいと願っています。