今年のひな祭りメニューはリクエストに沿ったものに

毎年ひな祭りには、お雛様バージョンのメニューにしています。ちらし寿司、はまぐりのお吸い物、菜の花のお浸しが定番メニューです。今年のひな祭り当日は、、主人が仕事でした。「晩御飯までには帰るから。お雛祭りだしね。押し寿司とか、コンソメジュレとかあるよね」とLINEが来ました。えぇっ、押し寿司とコンソメジュレのリクエストです。コンソメジュレは、いつも七夕のメニューです。ひな祭りで作ったことないんだけどな、と思いながらせっかくのリクエストです。作ることにしました。もともとはまぐりのお吸い物を作るために、はまぐり買いに出かける予定だったのでついでにゼラチンを購入しました。まず、帰宅したらはまぐりの塩抜きをまっさきにします。そしてコンソメジュレの中にいれる、半熟たまごを茹でます。その他にはホウレンソウも入れます。七夕の時は、星形にしたハムを入れるのですが今回は桃の節句です。花形に切ったにんじんを茹でたものを入れました。プリン型の容器に、お皿に開けた時に見栄え良くにんじんが一番上に来るように入れ、ほうれん草、卵と入れます。気泡が入らないよにそっとコンソメジュレを注いで食べるまで冷蔵庫で冷やします。盛り付けは、ガラスの器に開けるととても映えます。押し寿司は、私の場合はとても簡単にあるもので作って今します。型は、パウンドケーキ型を使用します。そこにラップをしき、錦糸卵、酢飯、シーチキンマヨネーズ、酢飯と詰めていきます。ギュッと形づけるために、同じパウンドケーキ型を上から押し付けて輪ゴムで盛りつけるまで留めておきます。野菜が無いので、自宅にあったナス、ピーマン、カボチャで焼きびたしを作ります。あとははまぐりのお吸い物を作って出来上がりです。リクエストコンプリートです。ちょっとコンソメジュレの玉子が固めだったけれど、この献立は家族には好評でした。来年からはこのメニューが、定番になりそうです。http://www.ohiobiz.co/taiken-diet/