ケチケチしながらもレジャーは楽しみたいものです。

夏休みに入ると、貧乏なわが家ではありますが、毎年どこかしらに一回は連れて行ってあげようと計画はしているのですが、いかんせん、ボーナスなどがないため、ひたすらそのための貯金をこつこつと頑張ってそのお金でようやくイケている感じなんですよね。

なので、例えばホテルは観光施設などではなく、ビジネスホテルだったり、食事は昼間は移動しながらおにぎりで済ませたり、家から持っていけるものはほぼすべて準備をしてから出かけています。
そとでドリンクを買うほどたかいものはありませんよね。
なので、ペットボトルを持参して、水筒に詰め替えたり、凍らせたジュースを持っていき、他のものを冷やしたり、自販機ではなるべくドリンクを買わないようにしているんです。
プールに行くにしてもそうですね。
おにぎり、から揚げ、ウインナー、から売店で売っているものはまずくて高いので、家から作っていくんです。
宿泊するときにはさすがに二日目は外食ですけどね。http://www.hedgefundmatrix.com/

口内トラブルの起きない生活を心掛けましょう

口内炎や舌炎といった口の中の炎症は、常に痛みを感じることが多く、煩わしいものです。
食事の際は、食べ物が患部に当たらないよう気を遣うため、美味しい食事もままなりません。
そんな口内炎を回復させてくれる栄養素が、ビタミンB群です。

ビタミンB群は皮膚や粘膜を健康に保ってくれる大切な栄養素で、不足すると唇や舌の粘膜が荒れやすくなります。
その結果、口内炎や舌炎といった口内トラブルが起きやすくなるのです。
そんな訳で、ビタミンB群は皮膚粘膜のビタミン剤とも言われ、細胞の生まれ変わりを助けてくれます。

ビタミンBは、レバーなどの肉類、ヨーグルトや牛乳などの乳製品、うなぎやサバなどの魚類に多く含まれています。
効率よく摂取するために、サプリメントを利用するのも1つの手です。
ただし、ビタミンBは汗や尿と一緒に排出されてしまうので、こまめに摂取する必要があります。

口内炎はビタミンB群の不足だけが原因ではなく、ストレスの蓄積や睡眠不足、噛み合わせ不良によっても引き起こる場合があります。
栄養バランスも偏ることなく、規則正しい生活習慣を送ることが、口内炎を防ぐ近道となるでしょう。
美味しいものを美味しく食べるためにも、口内トラブルの起きない生活を心掛けましょう。

あの議員のような怒号が工場から聞こえてきました。

本業の会社には事務所の他に工場も併設しています。
昨日は一人で休憩室でランチをしていると工場から例の爆弾発言議員のような怒号が聞こえてきました。
怒号の発信主は工事長で飛ばされた相手は40代の新人さんでした。前から工事長よりこの新人さんは1日経つと頭がリセットされるのか前の日にした作業を覚えていなくてまた一から教えないとならないそうです。
さすがにあれだけ怒号を飛ばされたら今日は来ないかもと心配をしていたら普通に来ていて少しビックリしました。
後輩に上記の件を言うとリセットされるから怒られた事もリセットされるんじゃないか?と言っていてある意味それも才能の1つかもしれないなぁと思いました。
しかしいくら何でも昨日した事が頭からないのなら恐らく大人の発達障害の可能性があり一度病院で診察をしてもらう必要があるのではないのかなと思うのです。
そうすれば彼がもっと気楽に働ける職場が見つかるのかも知れないのになぁと思います。